格安引越しセンターは、元引越し業者の管理人が全国それぞれの地域に最適の格安引越し業者の見積もりをご案内します!!

※大阪引越し見積もりサイト人気ランキング

引越し価格ガイド
見積もり依頼数
・参加引越し業者の質が良く、一括見積もりサイトの中で最も人気が高い
・見積もり完了でピザ、最大10万円のキャッシュバック、QUOカードなどのプレゼントあり。
引越し侍
見積もり依頼数
・株式会社引越し侍が運営する引越し見積もりサイト。
・バナナマンのCMでもおなじみ。

◆引越し料金を安くするにはやはり複数の引越し業者から見積りを取ることが必須です。業者によって値段が数万円違ってくる事もよくあります。

◆ということで、まずは一括見積もり依頼をして料金を比較してみることをおすすめします!

【浪速区内の引越し体験談】

私は妊娠をきっかけに引っ越しをしました。
旦那と結婚前から同棲していたのですが、狭い2Kだったので、広めの部屋に引っ越す事に決めました。

荷物は大きい物は、冷蔵庫やタンス、洗濯機くらいで、あとは細かい物で段ボールがだいたい20箱くらいの量でした。
場所は、大阪の大阪市浪速区から、同じ浪速区への引っ越しでした。場所も本当に近くて、前の家から歩いていける距離でしました。

年末前の引っ越しだったのもあり、割り引きが効きにくい部分もありましたが、日付だけ決めて、時間指定せずに3万円くらいでした。
近場だったのも値段が上がりにくかったです。

私は不動産屋さんに紹介してもらった、引っ越し業者2社に見積りを出してもらい、安くしてもらう感じでした。
もっと何社か見積りしてもらったら、値段が違ったかもしれません。

業者の方にも言われたのですが、忙しい時期以外だったらもっと安くできるみたいなので、予定をずらせる方はその方が絶対お得にできます。

荷物も、車などある方は大きい物など自分で運べたら値段が違うと言われました。うちは車もなく、全部業者の方に頼みました。重いし、壊れても困るので、頼んだ方が安心感はあります。

いらない粗大ゴミの処理もこの時は無料でしてもらえました。業者さんや、粗大ゴミの量と、物にもよるとは思いますが。粗大ゴミの処分って困るので、助かりました。

引っ越し当日も、料金が結構安いし、雑な感じかなぁと思っていたのですが、テキパキとして下さいました。妊婦だったからもあるのか、荷物を全部運んだあとも、何か手伝うことありますか?と、言ってくださり、電機などつけてもらいました。
私は利用しませんでしたが、段ボールも大量にでるので、後日引き取りに来てくれるサービスもあるみたいです。
引っ越しは初期費用がかかるので、なるべく削れるとこは削りたいですよね。
正直不動産屋さんに言われていた、見積りより高い引っ越し代になってしまいましたが、時期を考えるとしょうがないかなと思います。
言い方は悪いですが、あまり期待していなかったので、荷物を運ぶ以外の気づかいもあり、引っ越し作業もすごく満足できました。
私は今回、妊娠などで、安定期にしたいなど決める期間に余裕がないのもあり、安い時期が選べませんでしたが、余裕のある方は不動産屋さんも、引っ越し業者も何社か比べた方が安くすませると思います。


【箕面市からの引越し体験談】

引っ越しをする際に悩むのは引っ越し業者をどうするかということではないでしょうか。そこで大阪の北部の衛星都市箕面市から大阪市西区に引っ越しした時の体験を基にして、引っ越し業者選びについて考えてみました。

今引っ越し業者は大手の引っ越し業者から中小、個人でやっている方まで。極端な言い方をすれば星の数ほどあると言っても過言ではありません。大手の引っ越し業者は引っ越し件数が減少する中にあっていかにシェアーを伸ばすか、中小の引っ越し業社はともすれば大手に傾きがちな需要をいかに自分達に取り込むかでしのぎを削っています。

そんな状態の中で敢えてコマーシャルで有名な、この業界ではトップ企業の引っ越し業者を選びました。もちろん何社か見積りはしてもらいました。いずれの業者も電話応対、見積り訪問時の時間厳守、対応に優劣をつけることは出来ませんでした。実際の見積り額においては金額に多少の差があり、大手よりも中小業者の方が若干安かったのですが、敢えて大手の業者にしたのには2つの理由があります。

その1つ目は引っ越し時のトラブル、例えば引っ越し時の家具などの破損の保証です。これに関しては大手業者は保険加入するので、そういったトラブルがあっても何の心配もいらないということで、仮に保険対象でなくても全て保証するということで契約条項にも記載してあるということでした。それに対し中小業者は保証すると口頭では言ってくれましたが、実はかって口頭約束で苦い経験があったのです。

2つ目は引っ越しの過程を示した小冊子をくれたことです。引っ越しの際には単なる荷物の移動だけでなく、いろいろな機関への通知や、住所が変わることによる住所変更などの諸手続きが山のようにあります。何度引っ越ししえも手際良くはいかないものです。その点この小冊子の手順に従って順々に手続きを進めていけばまごつくことなく上手くいきます。

そんな訳で大手引っ越し業者と家族5人の引っ越しを13万円で契約し、無事終えることが出来ました。もちろん何のトラブルもなく、契約通り正確無比にしてもらいました。引っ越し業者を選ぶに当たっては当然迷われると思いますが、他の業者とどこか違うところはないのか、そういった視点を見てみるのも決め手の一つにはなるのではと思います。


【大阪からの引越し体験談】

引越を何度もしていると徐々にコツがつかめてくるのですが、あまり経験をしたことがないとどうやっていいのかすらわかりません。まず業者選びから入り、荷物をまとめて、となるのですが、荷物をまとめるのも簡単ではありません。

大抵の場合、家の中には思っている以上の荷物が入っています。こうしたものを段ボールにつめて行くのですが、これが予想以上に大変です。引越後はこれらを出して並べて行くのですが、これも本当に大変です。
こうした作業を少しでも楽にするため、部屋ごとに段ボールにつめて、番号を振っておく方もいると思います。どこにあった荷物か分かると、仕分けがかなり楽になるのです。こうした方法もいいのですが、もう一歩進んだ仕分けがより便利かも知れません。

引越となると、引越先の間取りを持っていると思います。現在の家と間取りが変更される場合、荷物の配置換えなども行うでしょう。
ですので、置いていた場所ごとに段ボールにつめるのではなく、置く場所ごとに段ボールにつめて番号を振ってはどうでしょうか。配送員の方も、部屋を指定すればそこまで運んでくれるので、引越後の作業がかなり軽減されます。引越後は疲れが一気に出るので、こうした面倒なことは事前に住ませておくことをお薦めします。