「引越し料金で大損をしたくない」
「大手にも赤帽にもざっと見積もりを依頼したい」
そんな方は格安引越しセンターをお試しください。
全国各地の格安引越し業者をご案内中!!

※格安引越しセンター引越し見積もりサイト人気ランキング

見積もり依頼数
・参加引越し業者の質が良く、一括見積もりサイトの中で最も人気が高い
・見積もり完了でピザ、最大10万円のキャッシュバック、QUOカードなどのプレゼントあり。
見積もり依頼数
・株式会社引越し侍が運営する引越し見積もりサイト。
・バナナマンのCMでもおなじみ。
◆引越し料金を安くするには複数の引越し業者から見積りを取ることが必須です。業者によって値段が数万円違ってくる事もよくあります。

◆A社の見積もり値段を聞いて、B社の見積もり時にA社の値段をちらつかせて交渉すれば、さらに割引きされる可能性もあります。いちいち引越し業者と交渉するのが面倒なら、やはり一括見積もりサイトを利用するのが便利です。

◆今まで引越しを業者に頼んだことのある人は、複数の業者に見積もりを頼んで金額の違いに疑問を持った人もいるのではないでしょうか。引越し価格は、「基本の運賃.基本の作業料」「実費」「オプション料金」の三つを足したものになっています。ほとんどの業者がその様な計算方式になっているようです。結局、どの業者もさほど変わらない基本料金に加えて、実費や細かいオプション料金によって価格は決められているのです。

◆ということで、まずは一括見積もり依頼をして料金を比較してみることをおすすめします!

<<引越し見積もり豆知識>>

《引越し料金は、時期やプランで安くなります》
引越しには多くの時間が必要になります。 自分で引越しを行えば、料金はかからないかも知れませんが、引越し業者に頼むと料金が発生します。

当然引越し料金は、業者や条件によって違いがあります。

そこで、引越しを行うことが決まったら、まずはとにかく引越し業者に見積もりを依頼することをお勧めします。見積もりの依頼も、上記のようなサイトを利用すれば複数社に一括で見積もり依頼を送ることができます。

一括見積もりサイトを利用することで、料金を比較することができるので、格安引越し業者選びの参考になります。業者選びは料金だけで選ぶよりも、プランやサービスなども考慮して選ぶことをお勧めします。また、引越しシーズンでもある3月、4月や土曜日・日曜日などは料金が割高になったり値引きしてもらえない場合があります。

引越しシーズンを避けての引越しが可能であれば、このシーズンを避けて安い引越しすることをお勧めします。

また、近距離の場合や単身で荷物が少ない方にお勧めの日にちのみの指定で、時間は業者の都合の良い時間に引越しを行うフリー便などのお得な格安プランも行っている業者もあります。 プランによっても料金は違ってくるので、ネットなどでよく調べて業者を選ぶことが大切です。 引越し料金は、安いものではありません。遠距離の引越しや家族での引越しとなれば、荷物の量や大きな家具も増えます。 その分料金も高くなるわけです。

引越し業者を賢く選び、引越し料金は少しでも安く抑えたいものですね。

近距離引越し体験談 ~帰り便の利用が狙い目~

私は43歳になるサラリーマンで、家内と子供2人の4人家族です。大学を卒業してから全国に支店のある会社に入社したので、独身時代も結婚してからも転勤の関係であちこちに引っ越しをしてきましたが、一昨年その会社を退社。同じエリアにある別の会社に転職しました。

その時に初めて体験したのが、同じ町内という近距離の引っ越しです。社宅から自分で契約した賃貸家屋への引っ越しでしたが…驚いたのはその引っ越し費用。余分な物は省き、節約に節約を重ねたのですが、岩手県雫石町内で移動距離にして20㎞ほどの引っ越しでしたが引っ越し費用は63,000円ほどかかりました。

何故私が驚いたかというと、今までは兵庫県神戸市から福岡県博多市、博多市から神奈川県横浜市というように県外でも地方を跨ぐような長距離の引っ越しをしてきましたが、引っ越し費用はおおよそ300,000円前後。

横浜市から岩手県に引っ越ししてきた時は、引っ越し屋さんの都合もあってか230,000円で引っ越しできました。そんな経験をしてきた中、同じ町内で20㎞ほどの移動で63,000円の費用がとても割高に感じてしまったのです。

引っ越し屋さんの力を借りないとどうしようもないので、一番安い見積りの引っ越し屋さんにお願いをしましたが、トラックや作業員の人数にかかる固定費は遠距離でも近距離でも一緒で、遠い方が割安に感じるということなのでしょう。

引っ越し屋さんに愚痴るでもなく、そんな話をしていると、作業員の方が教えてくれたのは、もしも日にちなどが決められておらず、引っ越し屋さんの都合で指定してきた日にすると、驚く程格安で契約できることもあるとのこと。詳しく聞くと、引っ越し屋さんが依頼を受けて荷物を運び込んだ後の「帰り便」が狙い目だそうです。

そのエリアにトラックも作業員もいるのに、引っ越しの依頼がないとトラックに何も積まない「空荷」で戻ってこなくてはならず、ガソリン代や高速代など同じ費用がかかるなら格安でも費用の契約をとった方が良い、となるからだそうです。(業者さんにもよると思いますが・・・)
今度引っ越しする時は前もって引っ越し屋さんと打ち合わせをし、帰り便狙いでお得な引っ越しをしようと考えています。

長距離引越し体験談 ~見積もり金額48万円~

埼玉県越谷市から福岡県福岡市に引っ越しをしました。引っ越し料金は480,000円でした。これは、見積時点の金額で最終金額は、会社と引っ越し業者との間で行われました。引っ越し代金は会社持ちだったからです。

転勤を言われて、引っ越し先の家が決まる2週間前に見積をお願いしました。家はなかなか決まらなかったのですが、見積を会社から出すように言われたからです。日にちは決めてしまわないといけなかったので、先に決めました。家は、賃貸契約に審査があったために申込書類をそろえていた途中でした。候補はありましたが、どの家に申込するかも決まっていない状態でした。引っ越し屋さんは、怪しいと思ったらしく4箇所電話をして家に来てくれたのは、日本通運だけでした。

しかし、とても不愛想で、投げやりな感じでした。理由は、どうせほかの引っ越し屋にするんだからやっても仕方がないということでした。はっきりと言われました。ほかには見積を頼んでいないというと、一応家の中を見て説明して帰っていきました。しかし、一向に見積は届きませんでした。後日、催促の電話をするとびっくりされました。うちは高いから無理だというのです。ほかのところでは見積もりをしていないこと、会社が見積もりを待っていることを言うと慌てて作ってくれて、引っ越しができることになりました。

家は引越しの5日前に審査が通り、無事家が決まりました。普通の賃貸ではなかったので、県の審査が必要でした。後日分かったことですが、県の特優賃の物件だったために、家賃は表示金額よりも月16,000円近く下がり、不動産仲介手数料も無料でした。ラッキーな物件でした。

引っ越し代が会社持ちだったために、日本通運は作業人数を多くしてくれて、当日の梱包を助けてくれました。3人家族で6人の作業員は多過ぎると思いましたが、女性の方もいて安心できました。予定時間よりも1時間早めに来てくれて残っていた梱包をしてくれました。私は赤ちゃんがいたので助かりました。主人は仕事が忙しく、梱包作業は全くしていなかったので、大変なものはまだできていませんでした。とてもうれしかったです。

どうなることかと思った引っ越しでしたが、日本通運は手際が良く、愛想もよかったです。金額は他よりも高めかもしれませんが、梱包を気持ちよく手伝ってくれたのはうれしかったです。家の中をくまなく探して、忘れ物がないかチェックしてくれました。引っ越すともう戻れない場所なので心使いがうれしかったです。

▼引越し料金を安くするなら一括見積もり

※格安引越しセンター引越し見積もりサイト人気ランキング

見積もり依頼数
・参加引越し業者の質が良く、一括見積もりサイトの中で最も人気が高い
・見積もり完了でピザ、最大10万円のキャッシュバック、QUOカードなどのプレゼントあり。
見積もり依頼数
・株式会社引越し侍が運営する引越し見積もりサイト。
・バナナマンのCMでもおなじみ。