格安引越しセンターは、元引越し業者の管理人が全国それぞれの地域に最適の格安引越し業者の見積もりをご案内します!!

※滋賀引越し見積もりサイト人気ランキング

引越し価格ガイド
見積もり依頼数
・参加引越し業者の質が良く、一括見積もりサイトの中で最も人気が高い
・見積もり完了でピザ、最大10万円のキャッシュバック、QUOカードなどのプレゼントあり。
引越し侍
見積もり依頼数
・株式会社引越し侍が運営する引越し見積もりサイト。
・バナナマンのCMでもおなじみ。

◆引越し料金を安くするにはやはり複数の引越し業者から見積りを取ることが必須です。業者によって値段が数万円違ってくる事もよくあります。

◆ということで、まずは一括見積もり依頼をして料金を比較してみることをおすすめします!

【滋賀からの引越し体験談】

去年、滋賀県草津市から東京都文京区に引っ越しをしました。
私たち夫婦、4歳の長男、0歳の次男4人での引っ越しで、引っ越し費用は35万円でした。
初めは42万円と見積もりが出ましたが、引っ越し日を平日に変え、引っ越し時間を変更し、自転車を1台持っていくのをやめたところ、7万円安く済ますことができました。
小さい子供が2人いる引っ越しだったので、荷造りの際に、引っ越し先で少しでも片付けがスムーズになるように色々工夫しました。
まず、基本的なルールですが、ダンボールの底や上にガムテープで蓋をするときは、無駄にガムテープを張らないことです。
縦、横に1回ずつ貼れば、よっぽどのことがなければ、底が抜けたり開いてしまうことはありません。
引っ越し先では、子供2人の様子を見ながら開梱しないといけないので、何重にもガムテープを貼ると、それを剥がすだけで疲れてしまいます。
またカッターなどは、子供がいると危ないので、なるべく手でガムテープを剥がしたいからです。
次に、洗面所やキッチンやリビングや寝室など必ず場所ごとに荷物を詰めるようにします。
そうすると、引っ越し業者さんに引っ越し先でダンボールの置き場所を指示する際に、その部屋や場所にダンボールを置いてもらえます。
バラバラに荷物を入れ、引っ越し先に1箇所にダンボールをとりあえず積んでしまうと、なかなか必要なものも見つけられず、手間取ります。
また、必ず油性マジックで、ダンボールの置き場所と荷物の内容をダンボールの側面の自分が決めた場所に書くことです。
ダンボールの上部に書いてしまうと、ダンボールが積み重なったときに、中身がわからなくなってしまうので大変です。
側面の決まった場所に書いてあると、ダンボールが積み重ねられても、一目で何が入っているかわかり、片付けが楽になります。
最後に、カラーボックスやハンガーを最大限に利用することです。
洋服やタオルや下着などを収納しているカラーボックスは、そのまま業者さんに運んでもらうのが一番簡単です。
引っ越し先のどの場所に置くか決めておくと、カラーボックスを置くとすぐに生活を始められるのでとても便利です。
引っ越し1日目をお風呂の際、なかなかバスタオルが見つからないなどということもありません。
また、ハンガーにかかっている服も、そのまま業者さんがハンガーラックのようなものに入れて運んでくれます。
引っ越し先のクローゼットにまたハンガーをかけなおしてくれ、ラックのゴミはその時に回収してくれるので、とても効率が良いです。
ちょっとのことですが、少し工夫をするだけで、引っ越し先での片付けが本当に楽になります。

【滋賀からの引越し体験談】

今から数年前に滋賀県内で引っ越しました。車でわずか20分位の場所です。引越し屋に頼むほどでもなく、簡単に荷造りをして、軽トラックを数時間借りて友だちに手伝ってもらって運んだので、費用としてはレンタカー代とガソリン代だけで1万円もかからなかったと思います。

いや、友だちにはお礼に夕飯をごちそうしたので全部合わせると1万円位でしょう。荷物の量としては、タンスと本棚、机、そのほか段ボール箱が10箱ほどだったと思います。
前に住んでいたところが狭かったので荷物は少なめでした。
それまで会社の社員寮で暮らしていたのですが、いろいろと制約があり、息苦しかったので自由を求めて一人暮らしを始めたのでした。当時はまだ新築のマンションで、寮で与えられていた部屋の3倍の広さはあり、フローリングの床にオートロックなど、憧れの住まいでした。

もはや気がねなく、友だちやガールフレンドも呼べるし、自炊もできるし、やっと一人前になれたような気がしました。子供の頃は父の転勤に伴い、何度も引っ越したのですが、そのたびに要らないものは処分し、自分の荷物は適度な量に保たれていました。ところが現在のマンションに入居してからしばらく引っ越していないため、荷物が増えてしまって仕方ありません。

これを解消するにはまた別のところに強制的に引っ越すしかないのかもしれません。